弁護士費用

◎ 一般的な事件の弁護士費用の目安です。
事件の難易度により増減があります。具体的な金額は契約前の面談時に弁護士から
ご説明の必要があれば見積書を作成いたします。
◎ 債務整理事件については分割払いをお受けします。
◎ その他の事件については、着手金は原則として一括でお支払いただいてい
ます。また、弁護士費用補償特約や弁護士費用を扶助する制度等が利用できる場合
がございますのでご相談ください。
※ 価格は全て税抜き価格です。以下の金額に別途消費税がかかります。
(1)法律相談
ご相談のみで終了した場合の料金です。相談後に弁護士と契約した場合や事件を受
任した後の打ち合わせには、相談料はいただきません。
※ 相談料:30分あたり2.000円
(2)文書作成料
文書作成:30.000円~
契約書作成:100.000円~
遺言書作成:100.000円~

(3)代理人(依頼者の方にかわって事件の窓口となる)場合

着手金 報酬金
民 事 訴 訟 300.000円~ 事件の経済的利益(A)が
300万円以下の場合…(A)の16%
300万円を超え3000万円以下の場合
…(A)の10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合
…(A)の6%+138万円
3億円を超える場合
…(A)の4%+738万円
調停・交渉 200.000円~ 民事と同様
家 事 訴 訟 300.000円~ 民事と同様
審 判 250.000円~ 民事と同様
調停・交渉 200.000円~ 民事と同様
債務整理 任意整理(1社あたり) 20.000円 20.000円~
過払金返還請求 なし 回収額の20%
個人再生 300.000円~ 200.000円~
破 産 個人の場合 200.000円~ 200.000円~
法人の場合 250.000円~ 250.000円~

※ 着手金とは、事件を受任する際に頂戴する費用です。
※ 報酬金とは、事件が終了した際に得られた一定の成果に対して発生する費用です。
※ 交渉・調停から訴訟に発展した場合などは、追加着手金が発生します。目安として、
当初の着手金の半額程度です。
※ いずれの事件も、着手金・報酬金とは別に実費がかかります。
実費とは、弁護士が頂戴するお金ではなく、手続きを行うために必要なお金です。実費
には、交通費や印紙・郵便切手代のほか、裁判所に納める予納金、供託金などがあります。
契約時に概算額をお預かりし、事件終了時に精算いたします。
※ 弁護士が遠方に出張する必要がある場合、交通費とは別に出張日当が発生します。
目安として、半日程度要する場合で1~3万円、1日出張で3~5万円です。